コンテンツ設計

無料相談窓口

コンテンツ設計の概要

ユーザーのニーズを基にコンテンツを設計し編集者とライターに共有するプロセスです。

キーワード調査 の結果を基に、コンテンツテーマリストと記事構成案を作成します。

コンテンツ設計の流れ

STEP1:コンテンツテーマリストの作成

コンテンツテーマリストの作成

キーワード調査 の結果を基に、検索流入を獲得したいキーワードを検索意図別にグルーピングします。

コーチングスクールの例では、コーチングの概要を知りたい人が検索するであろうキーワードと、具体的な手法を知りたい人が検索するであろうキーワードにグルーピングしました。

競合性を鑑みた必要文字数を算出し、新規作成の有無や順番を決めていきます。

※実際は検索流入を獲得したい全てのキーワードでリストを作成します。


STEP2:記事構成案の作成

記事構成案の作成

新規作成が決定した記事について、見出しと本文の構成案を作成します。

コーチングスクールの例では、「コーチング スキル」をメインワードに3つの章を考案。

キーワードの検索結果1ページ目のLPをザッと確認し、更なる肉付けを行っていきます。

※実際は検索流入を獲得したい全てのキーワードで構成案を作成します。


STEP3:原稿の執筆

SEOチェックを通して、外部パートナーのSEOコンサル会社に依頼することも可能です。

コンテンツのテーマに最適なライターを選出し、SEO観点とユーザー観点を踏まえたライティングを依頼します。

ライターから納品された原稿は、SEOコンサル会社の編集者・デスク・校正士によるトリプルチェックを行っています。

読み物としてしっかりしている、数値として結果を出す記事制作に定評があります。


STEP4:納品原稿の校正&編集

ライターから納品された原稿を確認し、誤字脱字のない読みやすい文章に校正します。

ターゲットワードの検索意図に応える文章になるよう、SEO観点で編集します。

コンテンツ設計のアウトプット

● 企画概要をまとめた提案書(PDF)

● コンテンツテーマリスト(Excel)

● 記事構成案(Excel)

● 原稿(外部パートナーのSEOコンサル会社に依頼する場合)

コンテンツ制作の内製と外注について

コンテンツ制作の内製と外注について、それぞれのメリットとデメリットをまとめています。


内製でコンテンツ制作する場合

メリット

● お金がかからない

● 対応範囲・責任範囲が明確

● 守秘義務・著作権が守れる

● 専門性・信頼性の高いコンテンツ制作ができる

● Webライティングに関する知見が社内関係者に残る

● 動画化・書籍化などの二次利用ができる

デメリット

● 納期が守れない可能性がある

● 文章が書けるだけの人に依頼するとWebライティングのレクチャーコストがかかる可能性がある

● 文章が書けるだけの人に依頼すると納品原稿の校正・編集コストがかかる可能性がある


専門会社に依頼してコンテンツ制作する場合

メリット

● 対応範囲・責任範囲が明確

● 守秘義務・著作権・納期が守れる

● 専門性・信頼性の高いコンテンツ制作ができる

● 校正・編集にかかるリソースが最小限に抑えられる

● 社内でブラッシュアップされ続けているノウハウがある

● Google検索で上位表示されるコンテンツ制作ができる

デメリット

● それなりのコストがかかる

● 対応範囲・責任範囲が明確なので融通が利かない部分がある

● 企業にまるっと任せるため社内関係者に知見が残らず頼り続けることになる


知人のフリーランスに依頼してコンテンツ制作する場合

メリット

● コストが安く抑えられる

● ライターの人となりが分かっている

● コラムの執筆者情報を記載することで知人のブランディングに貢献できる

デメリット

● 契約締結をしっかりしないと対応範囲・責任範囲が不明瞭になる可能性がある

● 守秘義務・著作権・納期が守られない可能性がある

● 専門性・信頼性の高いコンテンツ制作ができない可能性がある

● Google検索で上位表示されるコンテンツ制作ができない可能性がある

● 文章が書けるだけの人に依頼するとWebライティングのレクチャーコストがかかる可能性がある

● 文章が書けるだけの人に依頼すると納品原稿の校正・編集コストがかかる可能性がある

ライティングについて

ライティングの種類やノウハウをまとめています。


一次情報によるライティング

オリジナル情報を元にライティングする方法です、記事の種類は次の通りです。

● イベントの体験レポート

● お客様や専門家のインタビュー

● 自社の統計データや研究結果の公表

● 自社の書籍・パンフレット・メルマガの書き起こし


二次情報によるライティング

他社&他者情報を元にライティングする方法です、深度や独自性を高める方法は次の通りです。

● 英語でのリサーチ

● YouTube動画でのリサーチ

● 国・大学・権威ある団体の統計データや研究結果の引用

● 業界で有名な良書の引用


良い記事10か条

【1】キャッチーなタイトルでクリックしたくなる

【2】ファーストビューの写真がテーマとマッチしている

【3】リード文で引き込まれ読み進めたくなる

【4】目次で引き込まれ読み進めたくなる

【5】中見出し小見出しなどで細分化されている

【6】情報が網羅されており課題解決ができる

【7】改行があり読みやすい

【8】文字装飾があり要点が分かりやすい

【9】図解イラストがありイメージが湧きやすい

【10】執筆者情報監修者情報があり信頼感がある

SEOコンサルタントについて

宮崎県出身、東京都を拠点にSEOコンサルティングを行っている山田育栄と申します。

会社員としてインハウスSEOとSEOコンサルの両方を経験したことで、事業会社の悩みや課題感、コンサルティング会社の正しいノウハウを把握。

女性の悩みや関心事へのユーザー視点、会社の資産となるコンテンツ設計力、外部パートナーさんと組んだ制作・改修・英語対応を特長としています。

自社の商品やサービスに自信と誇りを持っており、一人でも多くの人にその良さを感じてほしいと願って止まない。

そんな、熱意溢れるお客様と一緒に仕事がしたいと思っています!

詳しくはこちら

SEO歴10年のコンサルにお任せください!無料相談窓口はこちら

SEOチェックのコンサルメニュー

SEOチェックでは、お客様が目指すゴールに合わせて選べる様々なメニューをご用意しています。

キーワード調査

キーワード調査

ユーザーのニーズを知りSEOやコンテンツマーケティングの方針を決めるプロセスです。

内部施策提案

内部施策提案

既存のコンテンツが持つ価値を最大化し検索エンジンにアピールするプロセスです。

コンテンツ設計

コンテンツ設計

ユーザーのニーズを基にコンテンツを設計し編集者とライターに共有するプロセスです。

コンテンツマーケティング設計

コンテンツマーケティング設計

ファンを醸成し購買行動へと繋げるための戦略と戦術を決めるプロセスです。

サイト制作&改修

サイト制作&改修

SEOを考慮した新規サイト制作や既存サイト改修を行います。

LP制作

LP制作

ユーザーのニーズを基に広告出稿に役立つLP制作を行います。

何でもお悩み相談室

何でもお悩み相談室

SEOやWeb以外のお話聞きます。